賃貸でもできるリフォーム術

image

女の子のあこがれ、海外のポップでキュートなお部屋を作りたいけど、賃貸だと無理かも・・・とあきらめてしまう方がほとんどです。

でも最近は様々な商品が出てきているので、そんな賃貸物件でも出来るんです。

まず何を変えれば「ザ・ニホン」の部屋から海外風の部屋に変えられるのか?です。

それは「壁紙」なんです。

日本の壁は基本は白系で、壁紙も全体が白っぽいです。

でも海外はピンクや水色など、一部分でも色を使っていることが多いのが特徴です。

でも壁に直接色を塗ることは出来ないので、そんなときに使うのが「のりを使わない壁紙」です。

実は私の義妹の家も、この壁紙を使って部屋の印象をガラッと変えました。

最初は一緒に大津市内のホームセンターやリフォームのお店に行って材料を探しましたが、やはり希望のものが見つかりませんでした。

そこでインターネットで検索するとかわいくてリーズナブルなものがたくさんあり、その中からかわいい少し濃いめのピンクに決めました。

のりを使わず、壁にマスキングテープで土台を構築して、そこに壁紙を貼っていきます。

はがすときにはマスキングテープごと取れますので、元の壁紙に傷をつけることなく出来ます。

貼るときはそれなりに大変でしたが、出来上がった部屋を見て最初の印象とまったく違っていましたので、もう大満足でした。

後はそのイメージに合わせて新しく家具を購入したり装飾をしたり、義妹は家具まで色を塗っていました。

出来上がった部屋は、まさに雑誌で見るようなかわいい部屋になっていて本人も喜んでいました。